製本の再利用とインクの再利用と

リサイクルもデジタルな時代になりませんかね。
自宅で出るインクカートリッジを律儀に電気量販店まで持って行くのが正直面倒なのです。
製本された本は、曜日が決まって出せるのにインクは…。
大体インクの場合、チップとか容器だとかリサイクルされて得するのはメーカーであるのに、
わざわざ消費者がリサイクルに持って行くなんてオカシイと思うのですが。
こういうところがまだまだ、メーカーとの温度差を感じます。
本とかはいつからリサイクル始まったのでしょうか、そしてインクはいつなのか…。

コメントする